S&J株式会社は、米Flashpoint社と販売代理店契約を締結しました。
米Flashpoint社のインテリジェンス・プラットフォームは、 DDW(ディープ&ダークウェブ)の情報をもとに、攻撃情報、攻撃トレンド情報の提供や、サイバー攻撃の犯人の特定などを支援する高度なインテリジェンスサービスです。
S&Jでは本サービスのライセンスを販売するほか、包括的なサイバーセキュリティの知見と多くのインシデント対応の実績を元に、高度な知識が必要な本サービスの運用代行や支援サービスを提供します。

詳しくは以下のページをご確認ください。
プレスリリース

12/6(木)にS&J、Cofense、NRIセキュアテクノロジーズの3社で「グローバル金融グループが実践するメールセキュリティ強化事例」と題したセミナーを開催します。
Zurichのグローバル情報セキュリティ責任者による最新事例のご紹介や、各社の専門家によるパネルディスカッションを通して、
メールセキュリティの最適解を探ります。
メールセキュリティに取り込まれているリスク管理、情報システム部門の方のご参加をお待ちしております。

ビジネス+IT 『終わる「セキュリティ至上主義」、拡がる「セキュリティ格差社会」』

三輪がキヤノンマーケティングジャパン セキュリティソリューション企画部 部長 石川 滋人氏、EGセキュアソリューションズ 代表取締役 徳丸 浩氏と対談を行いました。
クラウドの広がりやテレワークの推進など、企業を取り巻く技術的・社会的な環境も変化している中、企業はどのようにセキュリティを考えるべきか、企業を取り巻くセキュリティの現状と課題について語っています。

政府の掲げる働き改革が浸透していくとともに、テレワークのニーズが急速に高まっています。しかし、セキュリティ対策をどうすればいいのかがわからないので、導入に踏み切れない企業が多くなっています。
本講演では、テレワーク導入がクラウドや私物機器の利用など、変化する情報セキュリティに対する考え方について解説します。

S&J株式会社は、株式会社ソフトクリエイトと業務提携契約を2018年10月26日に締結しました。
新しい SOC サービス『Security FREE』を共同開発し、中堅・中小企業に大企業レベルのセキュリティ運用の提供を開始することをお知らせします。
両社による業務提携は、IT アウトソーシングと SOC サービスを組み合わせた総合監視モデルの拡充を目指し、企業のサイバーセキュリティリスクの耐性向上へ貢献して参ります。

詳しくは以下のページをご確認ください。
プレスリリース

「経産省サイバーセキュリティ経営ガイドライン解説 〜ガイドライン解説とテレワーク、クラウド活用について〜」
働き改革の浸透とともにニーズが急速に高まっているテレワークの利便性とセキュリティについて解説します。

株式会社アールワークスと協業して提供している『SOCアウトソーシングサービス』のプランを拡充し、
2018年7月4日より、初期費用30万円、月額費用20万円(いずれも税抜)からの提供を開始しました。
SOC構築の検討・導入を容易にするため、お客さまのニーズに沿ったプランの内容と費用を明確にした、
費用対効果の高いSOCアウトソーシングプランを実現しました。

プレスリリース

自社開発SIEM製品である「SOC Engine®」の機能を大幅に強化したバージョン3.0を2018年7月1日より販売開始しました。
バージョン3.0は、大手証券会社に導入が決定しており、併せてS&J監視センターにてセキュリティ監視を⾏うこととなって
おります。機能強化によりこれまで以上に精度の⾼い監視サービスを提供することができるようになり、お客様のCSIRTの負荷を軽減
できるようになりました。

プレスリリース