日本航空がビジネスメール詐欺で3.8億円の被害を受けた問題で、「取引先など周辺に存在する抜け穴を探して攻撃の糸口にしている」と解説し、メール詐欺に対しての注意喚起をしています。

サイバーセキュリティ経営ガイドラインが大幅に改定され、ますます存在感を高めています。本講演では、当初から研究会委員を務めていた弊社代表の三輪が、改定のポイントと今後の企業経営への影響について解説します。
http://ac.nikkeibp.co.jp/cn/nc20171206/

読売新聞「WiFi暗号化に弱点 攻撃される条件限定的」に弊社代表の三輪が取材に対応しました。
「対象となる機器は多いが、攻撃できる条件は限られている。利用者は機器メーカーなどが出す情報を確認し、速やかにパッチを当てるなどの対策を講じてほしい」とコメントしました。